ホーム >  修理・アフターサービス  >  日常点検  > オイル交換

<01>日常点検

日常点検

オイル交換

 

 

使用オイル
 

イーグルジャッキに使用されているオイルは
《 スピンドル油2号(日石)ISO VG(粘度グレード) # 32 》 です。

上記オイル以外でも《一般作動油ISO VG(粘度グレード) # 32》 相当品なら支障ありません。
大型ホームセンターやガソリンスタンド等でも入手できます。タービンオイルとも言います。
 
 
 
ブレーキオイル、植物性の油等は絶対に使用しないでください。 Oリングが膨潤して沈下や故障の原因になります。


オイルの抜き方
オイル交換するためにオイルを抜く場合は、下記の手順で行ってください。
 
1、
ラムを最縮長(一番下まで下げた状態)にし、給油栓(オイルフィリング:ジャッキ本体中央にある、「ゴム栓」の部分)を外します。
 
2、

リリーズスクリューを緩めます。
この際、リリーズスクリューを抜いてしまわないようにして下さい。リリーズスクリューの奥に入っているスチールボールがオイルと一緒に外に出てしまいます。スチールボールを紛失すると、ジャッキは作動しません。
 

oirukoukan_1.jpg

 

3、

ジャッキを横に寝かせて給油口からオイルを流します。

oirukoukan_2.jpg
 

4、
抜き終わったら、リリーズスクリューをしっかり閉めてください。



 

オイルの入れ方
オイルの補充は下記の手順で行ってください。
 
1、
ラムを最縮長(一番下まで下げた状態)にし、給油栓(オイルフィリング:ジャッキ本体中央にある、「ゴム栓」の部分)を外します。
 
2、
オイルを給油孔からスポイト等で入れてください。
3、

オイルの量としては、給油孔の高さまで入れます。

oirukoukan_3.jpg
 

4、
オイルが入ったらオイル内のエア(気泡)を抜くために、無負荷でジャッキをフルストロークさせたのち、下降させてください。(このとき給油栓を外したままで行ってください。エアを抜くためです。)
5、 最後に給油栓(オイルフィリング)を取り付けてください。
このページのトップへ